★愛玉先生の中国語ネイティブ化計画コラム
中国は「ニセモノ商品の天国」というイメージが日本でも定着しつつあります。メディアの報道を全面的に信じるかどうかは別としても、やはり、中国には有名ブランドの模倣品や品質を偽った商品が多いことは確かで、一般庶民も買い物の際は常に注意を払っている状況です。

従って、中国の日常生活では「假冒(jiǎmào=ニセモノ)」という単語はよく耳にすることになります。「假」は「にせの、嘘の」、「冒」は「偽る、嘘をかたる」という意味です。ニセモノは何も、ブランドのコピー商品ばかりではありません。化粧品や調味料に至るまで、それらしき商品ラベルをつけておきながら中身も成分も全く違う、などという商品が売っていることがあります。それらをひっくるめて「假冒」と言います。

ちなみに、ブランドのコピー品は「冒牌货(màopái huò)」、CDやDVDの海賊版は「盗版(dàobǎn)」と言います。以下に、よく出てきそうな例文を紹介します。

■○○街(あるいは○○路) 满街卖的,都是假冒商品。

○○jiē(○○lù) mǎnjiē mài de, dōu shì jiǎmào shāngpǐn.
○○通りで売っているものは何もかもニセモノばっかりだ。
※中国にはよくコピー商品を売る露天商ばかりを集めたストリートがあります。「满街」というのは「通り全体が」という意味です。例えば「满街都是美女(mǎnjiē dōu shì měinǚ)」と言ったら「街中どこを歩いても美人ばかり」となります。

这个皮包,怎么看都看不出是假冒商品。

Zhègè píbāo zěnme kàn dōu kànbuchū shì jiǎmào shāngpǐn.
このバッグはどう見てもニセモノには見えない。
※「怎么看都看不出」のように、「怎么●都●不出(どのように●しても●できない)」はよく使う表現です。たとえば、「怎么想都想不出(どんなに考えても思いつかない)」など。
愛玉コラム一覧に戻る
【1】中国語単語帳学習
【2】中国語ピンイン変換
【3】シンプルな中国語デコメ
【4】中国語デコメ検索
【5】中国語の歌詞
【6】中国語イロハ(初めての人向け)
【7】無料!愛玉中国語コラム
【8】無料!中国語会話コラム
【-】運営会社
【-】中国語辞書
【-】中国語を画像にして文字化け防止
【-】カフェで中国語会話をレッスン
【9】お問い合わせ
【0】どんと来い、中国語TOP
【-】(パソコン向けサイトTOP)
(c)株式会社ドントコイ