★愛玉先生の中国語ネイティブ化計画コラム
日本において関西弁が一定の地位を持ち、「カッコいい」というイメージを持たれているのと同じように、中国では「広東語がイケてる」という観念があります。地方の一方言であるにも関わらず、広東語に憧れる若者が後を絶たない理由は、広東語が香港の公用語だからです。本土よりだいぶ早くから経済的に発展した香港は、外国文化の流入が盛んで、それに基づく新語がたくさん生まれました。おかげで、現在の普通話(中国の標準語)には広東語由来の語彙が多くあり、今やすっかり市民権を得て、もともと存在した普通話表現を駆逐してしまったものがたくさんあります。今回はその代表的なものを紹介します。

买单(mǎidān)

「お勘定をする」ことです。もともとの普通話では「结帐(jiézhàng)」と言います。「买单」の「买」はもともと広東語では同音字「埋」で表記します。広東語では「埋」は「合わさる、集まる」などの意味があり、「单」は「单子(dānzi)=請求書」のことです。上海以南の地方では、「结帐」よりも「买单」という表現が圧倒的にポピュラーです。
例文)时间差不多了,现在买单吧!
Shíjiān chàbuduō le, xiànzài mǎidān ba!
そろそろ時間だし、お勘定にしようか!

拍拖(pāituō)

「(男女が)おつきあいする」ことです。もともとの普通話では「谈恋爱(tán liànài)」と言います。広東語では「拍」は「寄り添う」、「拖」は「引っ張る」という意味があり、もともとは浅瀬につけた汽船が小船をけん引して港に荷降ろしをする様子を「拍拖」と形容しました。それを、手をつないで仲睦まじく歩く男女の姿になぞらえたものです。
例文)他们拍拖很久,已经有5年了。
Tāmen pāituō hěn jiǔ, yǐjīng yǒu wǔnián le.
彼らはつきあって長いんだ、もう5年になるよ。

巴士(bāshì)・的士(díshì)

それぞれ「バス」「タクシー」のことです。もともとの普通話では「公交车(gōngjiāochē)」「出租车(chūzūchē)」と言います。これは英国領だった香港が多数の外来語を受け入れたことに由来する音訳語です。広東語では「巴士」は「バーシー」、「的士」は「ティクシー」と発音します。このほか、英語由来の広東語で普通話に移入した語彙には「沙拉(shālā)=サラダ”」「贴士(tiēshì)=チップ」「三明治(sānmíngzhì)=サンドイッチ」などがあります。
例文)
最好不要迟到,我们打的去吧。
Zuìhǎo búyào chídào, wǒmen dǎdì qù ba.
遅刻しない方がいいから、タクシーで行こう。
※「打的(dǎdì)」とは、「タクシーに乗る」ことです。
愛玉コラム一覧に戻る
【1】中国語単語帳学習
【2】中国語ピンイン変換
【3】シンプルな中国語デコメ
【4】中国語デコメ検索
【5】中国語の歌詞
【6】中国語イロハ(初めての人向け)
【7】無料!愛玉中国語コラム
【8】無料!中国語会話コラム
【-】運営会社
【-】中国語辞書
【-】中国語を画像にして文字化け防止
【-】カフェで中国語会話をレッスン
【9】お問い合わせ
【0】どんと来い、中国語TOP
【-】(パソコン向けサイトTOP)
(c)株式会社ドントコイ